スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SD アルトアイゼン・リーゼ ~その3~

  01, 2011 22:30
オラザクはプの炎を燃え上がらせてくれました
ti0719さんの作品に限らず、全参加作品を見ていると、世の中にはプラモが好きな人はたくさんいて、みんな仲間なんだなという感じがします
そしてそれを励みに自分の手も進めました

今回も胸部の修正
IMG_0575.jpg IMG_0577.jpg
貧弱に見えていた部分を修正。上面から背面にかけて、プラ板を2mm厚で貼り付けています。ダクトも全周1mmずつボリュームアップ
IMG_0578.jpg
また、バックパックの取り付け位置をかなり下げました。頭の可動範囲との干渉を避けるためです
IMG_0572.jpg IMG_0573.jpg
無改造の肩とバックパックを取り付けるとこんなイメージ。胸部が周りに負けているという印象はなくなりました。
肩やバックパックも細々といじる予定ですが、それはもう少し先の話になるかと思います

そして、このバランスチェックをしていて気づいたことが1つ。。。
IMG_0574.jpg
この瓶に乗った状態、全高が12cmあります
そして頭部の大きさが4cm
12÷4=3
・・・3頭身
すなわち、この瓶の高さの中に下半身を納めなければならない・・・
ものすごく高いハードルが現れました
アルトは格闘機体なので、完成時のアクション性を高めるため膝の可動は入れたい所。それがまた難題です
自立できるかどうかはその先のモチベーションに関わるので、肩やバックパックは飛ばして、このまま下半身に移っていきます。
まずは、腰の大きさ調整から進めます
ではまた次回

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。