スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターウイニングガンダム ~その3~

  17, 2015 22:20
昨日に引き続き、スターウイニングのこれまでの歩みをまとめていきます。

この記事ではバックパック関係の工作を紹介します。
IMG_7538.jpg IMG_7539.jpg
まずは本体とバックパックの接続方式を変えていきます
元々の接続穴を切り落として、プラサポを中心に貼りつけ。寂しくなった背中にディティールアップパーツを適当に追加
バックパック側も、元の接続棒を切り落として別の棒を貼り付け。こうすることで、ビットを左右にロールできるようになります。
下にプラサポの受けを付けておいて、フライングベースを差せるようにしてあります。

IMG_7540.jpg IMG_7541.jpg
取り付けた状態。リアルモード時の接続穴が目立つので、バーニア類を貼り付けて隠してしまいます。
さきほどの受けを使ってフライングベースに取り付けた状態。股間から支えるよりも好きなんです。

IMG_7543.jpg IMG_7544.jpg IMG_7545.jpg
さて、ここからビットの改造。まずはガンビットから
クリスタル部分をくり抜き。内部にジェネレーターを模した構造を仕込んでいきます。
写真中央、グレーのパーツがΦ3のPCパーツ。そこに透明プラ棒、プラパイプを使ってスピンサートを固定していきます。
白化しないように通常のプラセメントと、スピンサートの固定にはクラフトボンドを使用しています。
さらに、ジェネレーターを光らせるべくミライトを仕込んでいきます。リアルモード太ももの中にPCパーツを入れ、そこにミライトを差し込みます。

IMG_7546.jpg IMG_7548.jpg
なるべく光が漏れないようにプラ板でフタをしながら太ももを上から置いてやるだけ
その他寂しい箇所にまたディティールアップパーツを付けていきます。

IMG_7572.jpg IMG_7573.jpg IMG_7574.jpg
続いてガードビット
こちらもクリスタル部分をくり抜いてPCパーツの受けを設けるところまでは同じ
そこにミライトを直接差し込み、スピンサートを置いてやります。時々ミライトを交換しなければいけないので、スピンサートは固定しません。
こちらも適当にディティールアップ

IMG_7576.jpg
これで一組完成
そして、いよいよジェネレーター。。。

IMG_7577.jpg
始動!(点灯!)

IMG_7578.jpg IMG_7579.jpg IMG_7580.jpg
4基すべて揃えてジェネレーターフル稼働!!

IMG_7582.jpg IMG_7581.jpg
バックパックフル装備の全身写真
色々仕込んだので背中の方が重い重いw

ジェネレーターは製作検討段階から考えてはいたものの、静岡までの日数を数えた時に難しいと諦めていました
そこに倶楽部メンバーのとと。。。さんから発破をかけられ(ありがとうございますw)挑戦することを決めました

結果としてちゃんと形になったし、ツイッターの方では信じられない数の反響をいただきました
諦めないで良かったです(ToT)

さて、記事が長くなってきたので一度〆

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。