スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムエクシア & ガンダムデュナメス ~ジオラマ製作~

  02, 2015 00:31
リックディアスのビネットと並行して、もう1つ大きめなジオラマを作っていました。
きっかけはこちら
IMG_7244.jpg DSC_8232.jpg
エクシアとデュナメスが完成した際、2体での写真を撮ったところ、つくろーぜ会でお世話になっている方が切り絵を作ってくださいました。
見ての通り写真は普通の背景紙に剣もスチロールで立てているだけ、と相当お粗末なものだったのですが、
そこから地形まで想像して描いていただきました。

ここまでしていただいて、立体の方がこのままでいいはずがない!と今度はこの切り絵からジオラマを逆輸入しようと決めました
DSC_8227.jpg DSC_8228.jpg
さっそくハンズで素材調達
今まで飾り縁のついた板をベースとして使ってきて、今回もそれ目当てで買い物に行ったところ巡り会いました
縁の湾曲具合や荒れた感じがイメージにぴったりハマり、一目惚れ状態で購入
さらに、前々から使ってみたいと思っていたコルクの塊も。この時点では使いこなせる保証ゼロでしたw
DSC_8234.jpg DSC_8235.jpg DSC_8243.jpg
つくろーぜ会にて本格製作始動。塊から適当にちぎったコルクを仮置きして配置検討。空いたスペースに粘土を敷いていきます
ちょうどこの日は名古屋の凄腕モデラーあにさんもいらしていたので、色々アドバイスをいただきながら進めていました
最初、自分の考えだけではコルクと粘土がまったく融合していなかったのですが、コルクの端が隠れる程度まで粘土を盛ると、
砂漠から顔を出した岩のようになるんじゃないか、と言われそのように進めたらまさにでした
この日来て良かったと心底思いましたw
DSC_8244.jpg
また、切り絵にはなかった要素ですがイナクトの残骸を追加しました。
どことなく戦闘終了後をイメージしていたので、近くにこういうものも転がっているだろうという想像から
片腕、片翼を切り落とし、首周りはビームで撃ち抜かれたようにヒートペンでえぐったり変形させたりして、手前の2機によって撃墜されたことを強調しています。
DSC_8249.jpg
剣を突き立てる部分にはスタイロフォームを使用
大きさの違うコルクの欠片を点在させつつ、さらに粘土を盛っていきます
DSC_8250.jpg
粘土を乾燥させ、水溶きボンドを塗ってミラコンの粉をまぶしていきます
DSC_8251.jpg DSC_8252.jpg
上の写真でもわかるとおり、イナクトを量産機っぽい緑に変更
最低限の色分けとウォッシングを施し、ビームの撃ち抜き箇所や切断面には黄色を差してまだ熱を持っている風に着色
DSC_8253.jpg DSC_8254.jpg DSC_8257.jpg
ミラコンも乾いた段階でさらにベースに着色していきます
夕暮れの砂漠(荒野?)をイメージしているので、茶系の上に黄色やオレンジを足し、濃度や色の順番を入れ替えながら全体をなじませていきます
DSC_8271.jpg DSC_8272.jpg DSC_8273.jpg
着色が終わり、ボンドでイナクトを固定
さらに仕上げとして、鉄道模型などに使われるリアルサンドを所々にまぶしていきます。
特にイナクトは、墜落して砂にまみれた部分を想像しながらピンポイントに砂をつけています

製作過程はこんな感じです。
完成写真は次の記事で

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。