スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SD REVIVE Zガンダム ~その4~

  24, 2015 22:44
手足、胴(前側だけ)がそろい、いよいよ肝心要の頭部改修に取りかかります。
元キットであるBB戦士は、なんとも凹凸が足りず絶妙なイマイチ顔(謎)をしているので、とにかく徹底改修です。

IMG_9309.jpg
まずはフェイスと頭頂部のカバー(トサカ)を切り離し

IMG_9347.jpg IMG_9348.jpg
口元。目は新造することにしたので全て切除
目元のラインは1mm幅に切り出したプラ板で作り直し、口周りも0.3mm、0.5mm厚のプラ板を各所に貼り凹凸を強調していきます。

IMG_9349.jpg IMG_9351.jpg
IMG_9350.jpg IMG_9352.jpg
目の周りは全てプラ板で新造
当初そのつもりはなかったのですが、色々考えた結果電飾も仕込むことに
スターウイニングと同じ要領で、クリアの目を複製
今回の光源にはHiQのLEDユニットを使用しています
現時点ではかなり光が透けていますが、塗装することで相当遮断してくれるだろうと期待
裏側も箱組み(光の漏洩対策)、パイプは配線を通すため、上の棒はフェイス外装との接続用

IMG_9356.jpg IMG_9357.jpg IMG_9358.jpg
外装側の受けは額の裏に。実際に接続するとこのようになります

IMG_9354.jpg IMG_9355.jpg IMG_9353.jpg
次にフェイス外装(前側)の改修
文章だけではわかりにくいので写真に簡単な図解を。特に3枚目の写真、眉間のラインがかなり重要でした
先端部分を1mmほどすぼめただけで相当顔が引き締まりました。
そのほか、バルカンを真鍮、アルミのパイプで二重構造に置き換えています

IMG_9359.jpg
今度は後ろ側。リアカメラの代わりに角のダクトを貼り付け
最終的にはプラ板とラピーテープを貼るなどする予定です
そのダクトの裏にネオジウム磁石を仕込んでおきます

IMG_9360.jpg IMG_9361.jpg IMG_9362.jpg
トサカ
1mm幅増し、先端部の段差を強調するため0.3mm厚のプラ板を貼り付け。ついでに後頭部のカーブをなくして角出し
こちらにも磁石を仕込み頭頂部の開閉を容易にしておきます(電飾のON/OFFのため)

IMG_9363.jpg IMG_9364.jpg IMG_9366.jpg
前側に戻り、ビルダーズパーツでメインカメラを簡易作製
さらに透明プラ板を切り出してカバーも作製

IMG_9367.jpg IMG_9368.jpg IMG_9369.jpg
ここまでのパーツを組み上げた状態
アンテナのシャープ化や電池ボックスを入れるスペースの確保等が残っているものの、基本形はこれで完成
始めに比べればかなりシャープに、しかしSDとしてもボリュームも残った形に仕上げられたかと

IMG_9370.jpg
首はプラサポで。ディティールはまた後ほど(今回こればっかりだな。。。

IMG_9310.jpg IMG_9311.jpg IMG_9316.jpg
IMG_9313.jpg IMG_9314.jpg
再度全身を組み上げ。
頭部形状と首の位置が決まったことで、自然とバックパックの取り付け位置も決まってきます。

手前味噌ですが、おそらく自己最高のバランスにまとめられたと思っています。
バックパックも接続やら大きさやら、まだまだ手間のかかる作業が残っているので、気を緩めずに進めていきます。

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。