スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.R.D-Sサイバスター ~製作振り返り~

  26, 2016 23:31
cb17.jpg
続いての振り返りはコトブキヤSRD-Sシリーズよりサイバスター
こちらはナゴモのロンドベル卓向けに製作したものになります。
当初はナイチンゲールを完成させたかったのですが思うように作業が進まず、かと言って新作なしというのもアレなので、このあと記事にするネオグランゾンとセットにして出そうと考えて予定を変更しました。

今回のコンセプトは「お手軽改造」と「特定ポーズの再現」
cb1.jpg
こちらがパチ組状態。箱や説明書の写真を見ていた限りでは、手足長めかなと思っていましたが、ポージング次第でそれなりに見せられると感じました。
ここからサイバスター定番の立ち姿「ウィンキー立ち」を目指します。
cb2.jpg cb3.jpg cb4.jpg
まずは肩の改修。このキット最大の弱点?肩の可動が少なく、どうしても腕に力強さを出しにくい
そこで、肩の軸を一度切り落とし、プラ棒を斜めに付け直し
cb5.jpg
元よりも力を込めた印象になったでしょうか
cb6.jpg cb7.jpg
その他上半身の地味な改修として、胸周りの装飾の形状変更と、脇腹を削り込み
特に後者をすることでより腰をひねることができます
cb8.jpg cb10.jpg cb11.jpg
次に足。左足の曲がり具合が足りないため、ヒザ裏の干渉する部分を削り落とし。
2枚目の赤丸部分も重要です
cb12.jpg
ヒザ周りの各パーツを少しずつ削るだけで、1つの軸で深く曲げられるようになりました
cb13.jpg cb14.jpg cb15.jpg
外観はほぼキットのまま、少しの改造でかなりポージングが変わりました
cb16.jpg
あとは表面処理をして塗装
以前ミキシングでSDサイバスターを作った際はシルバーやゴールドを多用したので、今回はなるべくソリッドに仕上げました
簡単なカラーレシピ
 下地:クレオス グレーサフ
 白:ガイア アルティメットホワイト+クレオス スカイブルー(極少量)
 紫:クレオス パープル+アルティメットホワイト(少量)
 赤:クレオス シャインレッド+アルティメットホワイト(少量)
 黄:クレオス イエロー+オレンジ+アルティメットホワイト(3:1:1)
 銀:ガイア ブライトシルバー
上の写真はディスカッターの刃にガイア 偏光パールカラーのブルーグリーンを重ねたもの
風の魔装機神らしく、不思議な輝きを演出できればと思ってやりました。実物を動きながら見ると反射が変わっておもしろいです(写真では伝えにくいですが。。。

そして完成
cb22.jpg cb21.jpg

cb25.jpg cb20.jpg

cb23.jpg cb24.jpg
乱舞の太刀 とどめ演出

造形、バランス共に優れた良いキットです。
そこからほんの一手間でかなり化けますので、興味のある方はぜひお試しいただければと思います。

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。