SD 百式 ~製作まとめ~

  10, 2016 10:08
気付けばもう12月、2016年も終わろうとしています
振り返ると5月の静岡ホビーショー以来、KCF、ロンドベル展、ミヤモテン、ナゴモ、千葉しぼり、SCMと、おそろしいペースで展示会に参加していました。
新作を用意できたもの、そうでないもの色々ありましたが、おかげで今年もあまり手を止めることなく作り続けられたと思います(ブログの更新はその範疇ではない

さて、今回は先日開催されたSCMに向けて作った新作の製作過程を一気に振り返ります
製作会等で実際お会いする方にはオープンでしたが、ネットでは初公開になりますね
hyaku1.jpg
タイトルの通り、百式を製作しました。
考えると、ガッツリ切り刻むSDはゼータ以来。だいぶ燃え尽きてたんですねw
今回は2頭身バランス、そしてディティールをなるべく廃してプレーンに作ることを心がけました

hyaku2.jpg
素材にした旧Gジェネキット
これはこれでかわいいですが、何かイメージと違う。。。

hyaku3.jpghyaku4.jpghyaku5.jpg
ということで頭部の改修から
メインカメラ、額、耳?(バルカン周り)、アンテナの大型化が主な所
元キットは縦長すぎる印象なので、なるべく横長というか、もう少し縦に潰した感じに持っていきます
フェイスも一度切り離し、口をプラ板で作り直し、目も大きくしています

hyaku6.jpghyaku7.jpghyaku8.jpg
首関節はイエサブのロールスイングジョイント
切り離した頭とフェイスの接続はwaveプラサポと3mmポリランナーの切れ端で

hyaku9.jpghyaku10.jpghyaku11.jpg
次に胸部。今回、首から下は全てリバイブHGのパーツを使用しています。
頭の大きさに合わせて幅4mm、奥行き4mm増し

hyaku12.jpghyaku13.jpghyaku14.jpg
首と腰の接続部
首は余っていたポリキャップとプラ板で適当に自作
腰はHGキットのパーツを流用
コクピット周りのパーツもここに貼り付け

hyaku15.jpghyaku31.jpghyaku32.jpg
その他細かなパーツ
下腹部はHGのパーツ上半分を切り落とし、コクピット周りをプラ板で一回り大きく
首回りのパーツも胸部に合わせて幅増し
バインダーは上下を切り落としただけ(上10mm、下15mmほど)
下側のバインダーはその後、角度を変更してもう少し先端を細くしました(写真なくてごめんなさい

hyaku16.jpghyaku17.jpghyaku18.jpg
下半身
2頭身を目指しているので、かなりの大胆カットですw
足首だけ残して、少し角度を付けて腰に直づけ
腰も、元の接続軸や股間の下半分を切り落とし。リアスカートの接続部がなくなってしまうので、プラ板で復元

hyaku20.jpghyaku21.jpghyaku22.jpg
hyaku19.jpg
スカートを取り付けた状態
フロント3mm、サイド5mm、リア13mm(全て大体)先端を切り落として短縮
さらにフロントスカートは付け根を一度切り落として、スカートの位置を少し上にずらしています

hyaku23.jpghyaku33.jpghyaku24.jpg
腕部
上腕、下腕ともに3mmほど短縮
肩口にプラ板を貼り少しボリュームアップ。
胸部だけでは足りない頭部とのクリアランス確保も兼ねています。胸部だけで幅増しをしていくと全体のバランスがおかしくなってしまうので、こんな感じで箇所を散らします

hyaku25.jpg
武器類
当初はHGのライフルを詰めていく予定でしたが、2頭身が達成できたおかげかGジェネキットの方とバランスが合っていたのでそちらを採用
グリップとEパックだけHGのものを移植。肉抜き穴を埋めてプラ板で軽くディティールアップ

hyaku26.jpghyaku27.jpghyaku28.jpg
hyaku29.jpghyaku30.jpg
メガバズーカランチャー
こちらもGジェネキットのものを使用。射撃状態で出来ているので、あちこち切り離して格納状態に変更しました

hyaku34.jpghyaku35.jpg
hyaku36.jpghyaku37.jpg
あとはHGに入っているディティールをほぼ全て埋めて工作終了
ここまでのバランスにまとめるのは戦士リックディアス以来かも。部屋に飾るにはこれくらいのバランス、大きさが一番気持ちいいですね

完成写真は次の記事で

Comment 0

What's new?