SD ソウルゲイン ~その9~

  04, 2012 12:34
また1人、モデラーさんとの交流が増えました♪

もんこんさんの
丘の上のガンプラ製作記
と相互リンクさせていただくことになりました

プラ板によるディティールアップの精度が半端ないです。また、そのディティールのセンスにも感服します
現在はAOZのTR-5や独自視点のドラッツェ、D-styleのガオガイガーなどを手がけられています。
どれも完成が待ち遠しい作品ばかりです
もんこんさん、今後もよろしくお願いします^^


さて、新しい刺激ももらって、作業をコツコツと進めた結果、ようやく足の完成形にたどり着いた感じです。
IMG_0985.jpgIMG_0986.jpgIMG_0987.jpg
① 旧構造よりも、足首の球体関節を2サイズほど落としました。これで、ふくらはぎの中に新しい軸を仕込む空間を確保
大きい球体を使っていたのは、その方が重厚感が増すと思ってのことでしたが、小さくしても半分以上隠れてしまってあまり変化ないことがわかりましたw
② ①で確保した空間に、膝関節用の回転軸を入れました。ちゃんと足の軸線上に回転軸を入れられましたTT
これが正しい人体構造ってもんですよね
③ 新しい膝関節。ここは単にプラ板積層でそれっぽい形に整えただけ
IMG_0980.jpg IMG_0981.jpg
組み上げた状態が↑写真の右側。となりは旧構造の反対の足
気を使った甲斐あってか、高さ、外観ともにほぼ変化なく納められました
新構造の膝裏、下の空間が少々大きいですが、可動のためのものなのでここは許容
IMG_0982.jpgIMG_0984.jpg
そして、肝心の膝の曲がり具合ですが
① 45度くらいの可動範囲で落ち着きました。写真は影になってますが、今度は曲げても膝に空間は生まれません。
② 足首を小さくした副産物効果で、足首も前後にロールできるように。足首の可動まで合わせると、足全体で80度くらいまでは曲げられます。
これだけの可動範囲がとれれば、ポージングにはかなり貢献してくれると期待
IMG_0988.jpg IMG_0989.jpg
全体像は変化ないですね。。。まぁ、それが狙いなんですがw
今回膝の根本改修にふみきったのは、もんこんさんのガオガイガーを見たからです
あの改造を見た時に、「これはやり直さないといけない」と強く思いましたw

片足を完成形に持って行くのに、当初の予想通り1ヶ月を要しました
予定通りと前向きにとらえて、次は反対の足をサクッと仕上げましょう
同じ道をなぞるだけなので、まぁ2週間もあれば終わるかと

次の更新の時には、肩の改造の取りかかりくらいまで行っていたいところです

Comment 2

もんこん  

No title

ブログの紹介ありがとうございます(>_<)ゞ

つーか、ガオガイガーのヒザなんてラファエルのヒジ突っ込んでるたけですよっ(゚Д゚;)
キャタピラもポリキャップにさしてるだけだし…

じっくり考えて丁寧に作り込む姿勢、ちょっとずつ見習わせていただきます(゚∀゚ゞ)

Edit | Reply | 
なすお  

>もんこんさん

…え、あれヒジだったんですか!?さらに驚き…
まったく無関係な素材を引っ張ってくる、ていうのを見て、自分の頭が固くなってたな~と自覚しました
かんがえ考え直すいいきっかけをもらって、納得いく形にまとまりました
感謝感謝ですm(_ _)m

Edit | Reply | 

What's new?